治療法 | 双極性障害の診断は難しいので注意して行動を見返すことが大切
双極性障害は 「躁」と「鬱」の症状を繰り返す

治療法

双極性障害は確定的な原因がいまだ解明されていませんので、その治療法についても現在研究が進められているところですが、双極性障害は治らない病気ではなく、きちんと診断し、しかるべき治療を受ければ十分に改善します。双極性障害だと診断されたら、まずは投薬治療が行われます。というのも、双極性障害の原因は少なくとも脳細胞の遺伝子にあることが分かっているので、カウンセリングを行うよりは、薬による治療の方が効果的だからです。投薬においては、リチウムなどの気分安定薬が効果的で、症状を抑制することができるほか、再発の予防にも効果があることが認められています。また、日本では未だ無認可ながら、双極性障害に効果的とされる薬は他にもいくつか存在しています。ここで気をつけたいのは、双極性障害と診断するか鬱病と診断するかによって服用する薬の種類が変わるということです。鬱病の治療となると、抗鬱剤が使用されますが、抗鬱剤は「鬱状態」のみに作用するので、双極性障害においては効果が半減してしまいます。それどころか、アクティベーションシンドロームといい、躁状態が変に活性化してしまう恐れもあるため、慎重な判断が必要です。また、双極性障害だと診断されたら、投薬治療の他に、心理療法も同時に行われます。これは患者のメンタルケアのためというよりは、患者自身が疾患について学習するために行われ、病気について、薬について、再発の兆候についてなどを本人や家族が知ることで、早期完治が可能となります。