軽躁状態 | 双極性障害の診断は難しいので注意して行動を見返すことが大切
双極性障害は 「躁」と「鬱」の症状を繰り返す

軽躁状態

本人に自覚症状がない以上、双極性障害かどうかを診断するのは難しいですが、躁状態は比較的わかりやすい症状が出ます。というのも、今までは職場で中心的な存在を担っていた人でも無茶な注文をどんどん言い出すようになるなど明らかな「周りへの迷惑」が発生しますので、双極性障害という病気を知っていれば、「もしかしてあれは」と疑うことができるのです。こういったエピソードがあれば、医師の方も診断が容易でしょう。問題は、躁状態が「軽躁状態」だった場合です。軽躁状態とは、躁状態の症状の程度があまり大きくない場合を差し、躁状態なら「双極1型障害」と診断される、軽躁状態なら「双極2型障害」と診断される、という違いがあります。軽躁状態では、症状としては躁状態と同じものが出ますが、その程度は入院の必要がない程度、つまり周りも「少し変だな」と思う程度であり、場合によっては特に迷惑がかからないこともあるので、思い返してみても「あれが軽躁状態だった」と判断するのが難しいという点があります。双極性障害は年単位で躁状態と鬱状態が繰り返されますが、どちらの状態にも属さない、つまり双極性障害ではない人とまったく同じ状態である期間もあります。その期間を経て再び躁状態になった際、以前より悪化しているという可能性があるので、双極2型障害だと診断されるような場合は、軽躁状態のうちに発見し、早期に治療を開始することが最も望ましいです。そのため、なんでもないような経験も医師に話してみるといいでしょう。