疾患を疑うこと | 双極性障害の診断は難しいので注意して行動を見返すことが大切
双極性障害は 「躁」と「鬱」の症状を繰り返す

疾患を疑うこと

自分で疑う

双極性障害と鬱病は、症状も治療法も異なる別の疾患ですが、特に鬱状態の症状が似ているため双極性障害という診断が難しい場合が多くあります。そして、双極性障害は確定的な原因がまだ解明されていないので、インフルエンザなどの疾患のように検査して「なるほど、双極性障害だ」と診断することができない状態にあります。では医師はどうやって双極性障害かどうかを診断しているのかというと、患者から聞く話を吟味して判断しています。躁状態は、発見されにくいとはいえその症状をよく知っている人間からすればとても特徴的な症状ですので、患者の話から躁状態だろうと思われるエピソードが飛び出せば、医師は双極性障害だと診断することができます。そのため、もし自分は鬱病だと感じて精神科を受診するのなら、一緒に双極性障害も疑うようにしましょう。そして過去数年に渡って「あれは躁状態だったのではないか」というエピソードを探ってみるのです。あるいは、なんでもいいのでとにかくあったことを話してみると、医師が「それは」と診断してくれます。

周りが疑う

双極性障害にかぎらず、鬱病などの気分障害は「気分が落ち込んでいるだけ」「本人の性格の問題」と勘違いされることもあり、発見が遅れてしまいがちです。特に双極性障害は躁状態の期間に自覚症状がないため、より放置されてしまう危険性があります。これを防止するためには、一人ひとりが双極性障害について理解し、周りの人の病気のサインに気付いてあげることが重要です。そうすることで早期に治療を開始することができ、患者本人の社会的信頼を損なわずに完治させることができます。

双極性障害かもしれません

双極性障害とうつ病の治療が違うことは知っていますか。うつ病では抗うつ薬の内服がメインになってきますが、双極性障害では気分安定剤の内服が中心になってきます。うつ病の治療を受けているがなかなか改善しないという人は、双極性障害かもしれまません。 双極性障害には1型と2型があります。1型は躁状態と鬱状態がとても明確に現れるため、診断が早くにできることが多いです。このため従来から言われている双極性障害の患者は1型のことが多いです。しかし2型は躁状態の頻度が低く、症状も軽いことから判断が難しいといわれています。特に長く鬱状態だった人が躁状態になると改善したと思うことがあるため、本人も気づかないことがあります。

検査でわかりやすく診断

鬱の治療を受けていても、なかなか改善しないと感じたら思い切って医師に相談してもいいかもしれません。その際は躁状態の存在を伝えると効果的です。自分の気分の変化をわかりやすく手帳や日記に記載しておくといいかもしれません。また、近年保険適応になった検査で双極性障害の診断に有効なものもあります。それが光トポグラフィー検査です。この検査は簡単な検査でうつ病、双極性障害、統合失調症の判断をグラフ化できます。医師はこのグラフと診察結果から総合的に診断をします。まだ全国的に普及はしていませんが、大きな都道府県では取り入れている病院も多いようです。一度自分の診断に疑問を感じたら、この検査を取り入れている病院に相談にいってみましょう。